市民憲章2017/04/11 18:34

下記のは北海道江別市の市民憲章(citizen charter)です。
知人が顧問をしている写真クラブがあり、年に一度は展を開いています。そんなことで車で40分くらいの江別へ行ってきました。

写真はそのとき展の会場である江別市野幌公民館のロビーで見かけた大くて立派なプレートです。
http://www.city.ebetsu.hokkaido.jp/

僕はこれを読みながら思いました。
「江別の市民」を「日本の市民」と置き換え、内閣総理大臣がその先頭にたってくれたらいいのにと。

夢の夢かな~~~。

是非、一言一言をかみしめて読んでみてください。

市民憲章
私たちは、屯田兵によつてひらかれた江別の市民です。
  ひろびろと広がる石狩平野
  ゆうゆうと流れる石狩川
  緑深い野幌の原始林
  今に残る開拓のあしあと
私たちは、この恵まれた郷土の自然と歴史をこよなく愛し、よりよい江別の
発展を願いこの憲章を定めます。

1.空も緑も美しい、のびのびとしたまちをつくりましよう。
1.力をあわせ、産業をさかんにし、豊かなまちをつくりましよう。
1.教養を深め、文化のかおり高いまちをつくりましよう。
1.健康でたのしい家庭と明るいまちをつくりましよう。
1.老人をいたわり、子どもの夢をそだてるまちをつくりましよう。

コメント

_ ぷろこるはるむ ― 2017/04/11 23:00

私もようやく春闘が妥結し、ホッとしたところです。
働く者が希望をもてる世の中になってほしいですね。
それこそ夢の夢…ですね(笑)

_ 大坂忠 ― 2017/04/13 19:26

ぷろこるはるむさん、限りなく同感!!!
労働者なくしてこの世の中は成り立たないという単純なことを尊重できない人々がこの社会にいるんですよね~。これが、僕には分からないのです。大きな声をあげましょうよ。

今日は終日激しい雪が降りました。暗くなって晴れましたが・・おおサムイ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
僕の名前は。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tadashi.asablo.jp/blog/2017/04/11/8458845/tb

Free Access Counter Templates