共謀罪2017/05/20 10:12

「しんぶん赤旗」日曜版2017.5.21の記事を載せます。

『裁判官経験者が告発』

守屋克彦氏 元仙台高裁
★共謀罪法案は人の心の動きを捜査や裁判の対象とする内容です。

★密告により処罰する態勢です。その極端な例がナチスの刑事裁判でした。

石松竹雄氏 元大阪高裁
★共謀罪は必要ありません。テロ対策は現行法で十分です。

★今は一党独裁というより「一人独裁」のように見えます。

この共謀罪のことを考えるたびに下記の2本の映画作品を思い出します。
いづれもドイツの作品です。
★善き人のためのソナタ2006年(日本公開2007年)・ドイツ
★東ベルリンから来た女(日本公開2013年・ドイツ

 僕は20歳代のときにモスクワに3日間だったと思いますが滞在したことがあります。1974年ころで冷戦が続いていました。入国の際には荷物を全部調べられ、ポルノ的な雑誌や聖書関連書があると取調室に連れてゆかれ尋問を受けるという時代でした。
 その短い滞在期間、当時はモスクワといえども数少ないレストランを捜し歩いているときでした。僕は背後に誰かがいる気配を常に感じていました。恐怖心を覚えた記憶があります。
 そのような社会にしてはならないと、僕は切実に思っています。

決意と信念と意志力2017/05/14 18:50

 今朝は10時半からの共産党の演説会に出かけました。いつもは昼過ぎの参加が多いのですが、今日は参加したい!と思いいつもよりは少し早めに起床しました(笑)

 紙氏、森氏、小形氏の三名のお話でした。僕は皆さんの言葉、表情に強い決意と信念と意志力を感じました。

紙 智子氏(参議院議員)
森つねと氏(衆議院一区予定候補)
小形かおり氏(中央区選出の市議)
のお三人がスピーカーでした。
写真は森氏です。

 今日はたいへん寒い一日でした。

 北海道在住の人たちのフェイスブックを読んでいると暖房用のストーブを再度、使い始めたという投稿が目立ちます。
拙宅は全館集中暖房なのですが、経費節約のため、毎年5月15日で暖房用ボイラーを止めます。そして、しばらくはブルブルと震えながらの夜を過ごすことになりそうです。

軌道電車とお巡りさん2017/05/09 20:22

 久しぶりに野幌にある北海道開拓村(札幌)へ妻と出かけました。黄金週間も終わり普段と変わらない、たいへん静かな散策を楽しみました。
http://www.kaitaku.or.jp/

 日差しを強く感じるくらいの好天で、夏用の帽子をかぶってのんびり一巡をしました。
 桜は、全体的には終わりかけていましたが数本の木はまだ僕らを楽しませてくれました。

 村内には大通り公園付近に建っていた交番も移設されています。当時のお巡りさんの制服を着た男性がサーベルも下げて常時「勤務」しています。当時との違いは多分、大変にこやかな表情であるということだろうと思います。
「いや~、ゴールデンウイークが終わって村内はいつもの静けさを取り戻しました。ちょっと寂しいですけでね」と敬礼をしながらお話をしていました。

平和憲法2017/05/03 19:04

 昨年同様、憲法を守る集会に参加しました。そのあとは大通りから駅前通り、日生ビル前までのデモにも参加しました。札幌弁護士会の主催でした。弁護士でもある札幌前市長上田 文雄氏や精神科医香山 リカ氏などのお話を聞きました。

 上田氏は「日本国憲法は300万人以上の人々の命の犠牲のうえに成り立っている」と。
 香山氏は「日本の憲法には『平和憲法』というすばらしい呼称がある」と。

 僕は英語では何というのかなと思いながら聞いていました。そのまま翻訳をするとPeace Constitutionが考えられます。しかし、平和憲法の能動的な側面が表現されていないナと思いPeace seeking Constitutionを考えました。やはり、平和を(積極的に)希求するという意味合いが含まれている表現の方が日本国民の意思を力強く表現するのではないかと思います。むろん、日本外務省は公認しない訳語だとは思いますが。

今日は日差しが強く、暑いくらいの好天でした。
主催者発表では千五百人の参加者があったそうです。

<お願い>
投稿の際にすみませんが「次の質問に答えてください」というのを設定しました。「僕の名前は。」の後の記入欄に「大坂忠」と書き込んでください。、海外からのゴミ投稿を防ぐ手立てです。ひと手間が余計にかかりますがどうぞよろしくお願いいたします。

ようやく春かな2017/05/01 18:32

 毎年のことですが、やはりこの時季にならないと桜は咲きません。巷では今年は早めだとか、少し遅くなりそうだなどと大いに「大騒ぎ」するのですが・・。毎年この時季になってしまいます。

 そして、TVでは〇〇日までは円山公園で火を使うことが出来ます、という知らせを流します。つまり、この時季にだけ公園でジンギスカンパーティーをやってもいいと知らせているのです。
 結果、円山公園の花見客はラム肉がジュージュー焼ける匂いと煙にまかれるという悲しいことになります。

 僕はこれまで札幌に40年以上住んでいますが、丸山公園に花見に行ったのは一度だけです。

 写真は、毎年3月に日本リアリズム写真集団札幌支部が展を開く札幌市史料館と桜です。

 桜を本気で撮ったことはありませんし、多分これからもないとは思います。まあ、今年も桜の季節に生きていたという証程度の写真です。撮影は4月30日です。

言葉を大事に2017/04/30 09:45

 今朝の朝日新聞朝刊の社説に下記の記事がありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~まさに、道具は大ゲサに言やあ命みたいなもんだ。医者ならメス、記者ならペンとウラ取り、そして政治家にとっては、民意をつかむも手放すも命の道具はただひとつ、「言葉」であろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 僕は政治家に限らず、市井の人々にも同様に言葉は大事だと思っています。言葉をないがしろにする人は、無意味に大きな声をはりあげ、短い単語で用を済まそうとします。
 「あのひとは口ほど悪い人ではないよ」とか「気持ちの中では感謝しているみたいよ」などという表現は日常的に耳にします。それは、僕には周囲の人々への「甘え」以外の何ものでもないとしか思えないのです。

 「国際社会に向けて英語教育を」という前に自前の言葉で正確に表現をする意思を持ちたいものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「職人衆昔ばなし」(斎藤隆介、文春学芸ライブラリー)は全編これ、明治生まれの職人が腕と矜持(きょうじ)を貫いた人生を語っていて、古き良き時代がしのばれる。

 例えば、東京・神田の大工の3代目棟梁(とうりょう)「大寅(だいとら)」が仕事を覚えさせられて2年目の「十八の時」の話。

 仕事場で、ちょっと小ガンナを貸してもらえませんかと頼んだ。その年寄りはジロリと横目で流し目に見て、なんとも言えない笑い方で、皮肉をひとつ。

 「ハイヨ。あると重宝だよ」

 それが財産になった。「顔から火が出たね。受けとった小ガンナが、ジリッと手に灼(や)きついた心持ちがして……。その時からあたしは決心した。ヨウシ、道具は貸しても借りねえぞ」

 まさに、道具は大ゲサに言やあ命みたいなもんだ。医者ならメス、記者ならペンとウラ取り、そして政治家にとっては、民意をつかむも手放すも命の道具はただひとつ、「言葉」であろう。

投稿の際に:すみません。海外からのゴミ投稿を防ぎたく、「次の質問に答えてください」というのを設定しました。「僕の名前は。」の後の記入欄に「大坂忠」と書き込んでください。ひと手間が余計にかかりますがどうぞよろしくお願いいたします。

日本共産党演説会2017/04/23 20:30

 日本共産党演説会へ妻と一緒に。共産党は今日の演者である副委員長小池晃氏にしても委員長志位和夫氏にしても僕の常識で理解できる、安心して聞いていられるお話をします。日本共産党の思考回路も僕は納得!と思えるのです。

 2300名収容のニトリ文化ホール(旧札幌厚生年金会館)はたくさんの立ち見の人々もいました。

 党名を隠して政策を羅列し、それらの政策の中から大事だと思われるのを選択すると・・・多くの人は共産党にたどり着く、という話があるそうです。僕は真実味を覚えます。

 多くの時間を政局の話に費やし、政策を語ることが少ないと思われる他の政党に苦言を呈したいと思いものです。
http://www.a-koike.gr.jp/?page_id=201

72歳と1日2017/04/21 09:31

 僕は昨日で72歳になりました。特に感慨を覚えるということはないのですが、今日もこうして生かされていることを主イエス様に感謝しています。

 いろいろありました、と書くのがいいのかなという気もしますが、72歳になったという実感はたいへん希薄なのです。50歳になったときも60歳になったときも、何かの特別な思いを持ったという記憶はありません。
若い時から、昨日の続き、今日の続きという思いが強かったように思います。

 しかし、まあ、せっかく72歳になって2日目の今日ですから、73歳に向けて当面の予定を一つ書いておきたいと思います。
 
 僕にとって一番大事な予定はというと、2018年春というところまでしか決まっていないのですがペンタックスフォーラム新宿での個展です。テーマは「雪の街、札幌」です。審査は通っているのですがこれまでの展のような「これで良し」という確信がない作品です。応募をしていてこの様です。情けないなとは思っているのですが・・。

 そうそう、今日は膵炎の定期検診の日です。

 というわけであと1年は元気でいなければなりません。どうぞよろしくお願いいたします。

 少し、気恥ずかしいのですが・・元気でいますよ、のお知らせということで、思い切って・・自分の写真を。今朝、妻弘子に撮ってもらいました。顔を洗う前です。顔を洗って出直してこい、ですね(笑)

モノ、もの、物2017/04/17 21:12

 写真は野幌にある開拓村です。自宅から車で40分位の距離です。我々夫婦は年に数回は訪れます。広い敷地、森林に囲まれ美味しい空気と静寂、たくさんの実在した家屋や店舗が復元されている、僕らにとっては実に楽しい場所なのです。
 先日も、もうそろそろ雪が消えたかなと思いながら出かけてみました。
訪れるたびに何かしらの新しい発見があったりし、飽きません。

 家に帰ってきて写真を整理しながら思いました。
 僕は14歳までしか両親と同居をしていませんでしたから、実家の記憶は当時のことです。
どの部屋もこの写真のように今に比べれば大変質素でした。物がない時代だからと言えばそのとうりなのですが、しかし、不便を感じることもなく生活ができたように思います。

 開拓村の復元された家屋はどこもこのような僕の記憶にある造りです。そんな空間に自分を置いてみるとある種の安堵や平穏を感じます。小さいころのことを思い出して、当時の家族とのことを再体験しているのとも違うように思います。

 僕はモノに気がとられて大事なことを見失っているのが現代のような気がするのです。もしかしたら、このような部屋で少しの時間でも過ごすことが出来たら自分のことも社会のことも、もっとよく見えるかもしれないなと感じています。
 むろん断捨離に苦労を覚えることもなさそうです。

<断捨離®とは?>
https://yamashitahideko.com/
 断捨離というと新しい片づけ術かと思うかもしれませんが、そうではありません。断捨離とは、モノへの執着を捨てることが最大のコンセプトです。モノへの執着を捨てて、身の周りをキレイにするだけでなく、心もストレスから解放されてスッキリする。これが断捨離の目的です。

 だそうです。

朝5時10分2017/04/17 10:15

晴天になりそうな気配です。
おはようございます。
今週もどうぞよろしく。
5:10の撮影。
札幌市中央区。

もう雪は降らないだろうと思うので、そろそろタイヤ交換でもしましょうかね。
Free Access Counter Templates