首相の品性2018/09/15 10:48

 今週、刊行された米記者ボブ・ウッドワード氏の「FEAR(恐怖)」という本が話題になっています。すでに百万部も売れたという報道もあります。
 著者は高名な新聞記者ボブ・ウッドワード(ワシントンポスト紙編集主幹)です。
 ほかにも出版されているようです。ジャーナリストのマイケル・ウルフ著『炎と怒り(原作タイトル:Fire and Fury)』、元大統領補佐官オマロサ・マニゴールト著『Unhinged(錯乱状態)』などです。

 「天声人語」の冒頭にある下記の2つの言葉が気になります。当たり前ですが、自分に向かってI'm a moron.とかI'm an idiot.というのは良しとしても他者に向かって言うのは話者の品性が問われると思います。
  a moron 脳たりん、能なし、ばか(名詞)
  an idiot ばか、あほ、間抜け、雑魚(名詞)
 ホワイトハウスやその周辺において、トランプ大統領の口からこれらの言葉が出てくることは意外なことではありません。問題はそのことを一流の新聞記者が書きざるを得なかったということではないかと思います。

 さて、我が国の首相は官邸でどんな言葉を発しているのか気になります。僕が国会中継を観ている範囲で想像するに、部下-----自分以外は皆がそうなのでしょうが-----には、何かと怒鳴り散らしているのではないかと思っています。その結果、部下は「忖度」を強いられ、人事異動をさせられ、等々ではないかと思っています。
 今日の題は「~の品性」ですが「~の貧相さ」の方がいいのかもしれません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
僕の名前は。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tadashi.asablo.jp/blog/2018/09/15/8960690/tb

Free Access Counter Templates