武者小路実篤「新しき村」2018/08/27 20:28

 写真は先日の朝日新聞です。長いこと忘れていたというか、思い起こすことのなかった武者小路実篤の記事を読みました。
 僕は高校から大学にかけて武者小路実篤の小説をたくさん読みました。

 当時の僕は「新しき村」にある種の興奮を覚えたのでした。イスラエルのキブツのことを知った時にも同様でした。後年、パリでキブツを実際に経験した日本人の絵描きさんと知り合い具体的なキブツの話を聞いた時には、英語の勉強に区切りがついたら行ってみたいと真剣に考えたことを記憶しています。

 新聞記事によると「新しき村」は今もなお存続しているようです。

 下記のはYouTube で見つけた動画のサイトです。比較的新しい映像だと思います。

<新しき村の人々>
 2018/02/21 に公開
https://youtu.be/Jgh5oBJznLM

 村の門柱には
「この門に入るものは自己と他人の生命を尊重しなければならない」
と書かれています。

 僕はこの新聞記事を読みながら「真理先生」を初めて読んだ時の、半世紀以上も前に体験した、あの感情の高ぶりを再体験しました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
僕の名前は。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tadashi.asablo.jp/blog/2018/08/27/8951395/tb

Free Access Counter Templates