兄が退院2018/08/11 12:14

 夕べ、実家にいる兄から電話がありました。兄はどちらかというと、今でいうところのアウトドア派でした。小学生のころは家の向かいにあった野原で、夏は野球を、冬は手作りの大きな凧を揚げたりして遊んでくれました。

 その兄が10日ほど前に肺炎と診断されて県立病院に緊急入院するということがありました。全く同じ時期に僕も夏風邪をひき体調は最悪でした。そんなことで見舞いに行くこともできず心配をしていました。

 その日は庭仕事をしていて、暑いとは思っていたそうですが突然意識がもうろうとしはじめて、かろうじて家に入ったということでした。
 医師の診断は熱中症とそれに伴っての肺炎ということで点滴や酸素マスクで3日間は意識がはっきりしていなかったと言っていました。
 「いや~、危なかった。自分が熱中症になるなんて考えてもいなかった」
と電話口で話していました。

 兄は1942年生まれです。互いにガンを経験したりしながら70歳を過ぎて、話題はやはり病気のことが多くなりました。
 
 僕は、熱中症が心配だから散歩はほどほどにした方がいいと妻に宣言をしようかと思います。しかし、ひと月後の血糖値の検査が気になります。さて、どうしましょう。

下記は参考までに。

[熱中症の症状]
1,めまいや顔のほてり
2,筋肉痛や筋肉のけいれん
3,体のだるさや吐き気
4,汗のかきかたがおかしい
5,体温が高い、皮ふの異常
6,呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
7,水分補給ができない
https://www.netsuzero.jp/learning/le01 

チョット寒そうな裸婦像は雪の降る駅前通り2012年1月

コメント

_ ラボフューズ いとうゆかり ― 2018/08/11 20:21

お兄さま、無事に回復されたご様子に、とても安心しています。良かったです(^_^)
熱中症は、「まさか自分が…」と言うことから重症化してしまうようで、少し過保護くらいに考えた方が良いですね。
大坂さんも、ウォーキングは、無理のないようにされてください。

_ 大坂忠 ― 2018/08/11 21:26

いとうさん、投稿をありがとうございます。熱中症の初期症状をWebbで読むと、僕も-------もしかしたらという気がしています。無事でよかった~、と思っています。クワバラ、クワバラ。
今宵は軽く雨模様で、蒸し蒸ししています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
僕の名前は。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tadashi.asablo.jp/blog/2018/08/11/8939466/tb

Free Access Counter Templates