失禁パンツ2018/08/10 19:20

 アマゾンに「メンズ 失禁パンツ」を注文してみました。
と書いて、僕は一瞬、どうして単純に「注文しました」と書かなかったのかと思いました。

 もちろん、男の人類史上、体験するのは僕が初めてという妄想は持っていません。多くの先達の男どもがすでにその不具合を体験し、妻を含めて人前で赤面し、その結果、上記の失禁パンツなるものを生み出しているのです。つまり、Web上には様々な種類の失禁パンツが出品されていることから十分な市場性があると思われ、且つ、僕の仲間がいるということなのです。
 
 僕はいろいろなメーカーのを読みながら、どの商品にも共通している宣伝文句があるこに気づきました。それは「外見からはxxパンツを着用しているのを気づかれることはありません」です。

 つまり、僕はまだ「注文してみた」と言っているだけで、日々着用をするとは言っていないのです。あえて言うなら、将来のことを考えて試しに注文してみた、ということなのです。嗚呼、なさけない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
僕の名前は。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tadashi.asablo.jp/blog/2018/08/10/8938743/tb

Free Access Counter Templates