映画監督・想田和弘は2018/06/03 13:23

嘆かわしく、腹立たしく、憫然たる思いです。
アベ政権を終わりにしなければと声高に叫びたいと思います。

日刊スポーツ 2018年6月1日
https://www.nikkansports.com/…/ji…/news/201806010000198.html

1億総ゆでがえる時代/政界地獄耳
 ★映画監督・想田和弘は
「公文書を書き換えたけど改ざんではない」
「武力衝突はあったけど戦闘ではない」
「つぶせとは言ったけど反則しろとは言っていない」
「物を盗んだけど窃盗ではない」
「人を殺したけど殺人ではない」
「無理やり性交したけど強姦(ごうかん)ではない」
「だましたけど詐欺ではない」
「遅れたけど遅刻ではない」とネットに書き込んだ。

2 NHKの解説委員はフィリピンの大統領が麻薬撲滅のために超法規を適用、裁判を経ず射殺することを容認したが、その手法を良い独裁と評価した。「たとえ独裁者でも国益を高めるリーダーならば成功だ」と放送で言いのけたのだ。(K)

コメント

_ ぷろこるはるむ ― 2018/06/10 13:11

お元気そうですね。私も忙しい毎日を送っております。銀座に行けなかったのは返す返すも残念でした。もう一度開催お願いします(笑)
米朝会談がいよいよですね。朝鮮半島から旧満州、シベリアまでが一気に流動化する時が来たようです。世界史的な大転換が始まるかも、ですね。周回遅れの安倍政権では、対応しきれなくなっているのは確かです。ただ一点、拉致問題だけは目処をつけてほしいと思っているのですが・・・。

_ 大坂忠 ― 2018/06/30 12:41

ぷろこるはるむさん、大変失礼をしています。ごめんなさい。身辺が何かと気ぜわしく、更新もできていません。
米朝会談→これからが大事なときのような気がしています。
拉致問題→国家と尊厳というか威信が傷つけられた問題なのですが、現政権は「人の尊厳」に全く興味を示さない様です。家族のことを考えると実に腹立たしく思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
僕の名前は。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tadashi.asablo.jp/blog/2018/06/03/8866382/tb

Free Access Counter Templates