モノクロ写真2017/07/16 19:18

 学生時代にやっていた写真を再開したのが60歳のときでした。初めてのデジタルカメラは一からの勉強のやり直しでした。
 以来、12年も経ってしまいました。当時の目標であった10年で5回の個展を東京や大阪で開くは2015年に達成しました。
 しかし、2016年は病気で入退院を繰り返し、何もできませんでした。今年2017年はすでに半年が過ぎてしまいましたから何も起きないような気がしています。
 そんなことで、自らの作品に刺激を求めて、ここ数か月のあいだ、すでに撮影済みの写真の見直しをしています。僕の周りに外付けのハードデスクがゴロゴロと転がっているのですが、これらに未処理の写真データが無数に詰まっているのです。
 今取り組んでいるのはモノクロ写真です。僕は学生時代には、お金がなかったせいもあり、モノクロ写真しかやったことがありませんでした。そんなことで、モノクロに未練を覚えているのです。
 これまでも「玉撞き屋の千代さん」や「NYの主たち」でモノクロ作品を発表しましたがその諧調の出し方に少なからず不満がありました。
 
デジタル写真の良し悪しは処理をするソフトウエアーの性能に大きく依存しています。そしてその進化は著しいのです。
 僕は最近、Silver Efex Proという無料で優れもののソフトウエアーに出会いました。まだの方がおられましたらお勧めです。そんなことで、これがデジタルの大きな利点なのですが、古い写真データを再処理し、モノクロの諧調を整えるという作業をやっています。
 とき折、自分が撮った作品とは思えないくらいドッギと、感動を新たに覚え、ひとりでニンマリしているのです。

Silver Efex Pro
https://www.google.com/intl/ja/nikcollection/products/silver-efex-pro/

 写真は2015年6月の札幌祭りで。
Free Access Counter Templates