奈良岡朋子氏の記事2017/07/15 19:45

 俳優で劇団民藝代表の奈良岡朋子氏の記事が「しんぶん赤旗 日曜版2017.7.16」に掲載されていました。1ページの記事ですが僕のスキャナーでは全部は無理のようですので、一部分だけでもと思いご紹介します。 また、松山善三氏の詩はhttp://www.utagoekissa.com/enpitsu.htmlからです。

本文から。  『優しく勉強家の叔父でした。あの時代、自由と平和を求めて、非業の死を遂げた人びとがいました。「共謀罪」と聞いた瞬間、思ったのは、叔父を殺した特高のことでした』

 僕は下記の報道に接し、小林多喜二が当時の特別高等警察(特高)によって獄中死したことを思い出しています。

<劉暁波氏死去>遺体を火葬 瀋陽市当局「家族の希望」  【瀋陽(中国遼寧省)林哲平】中国の民主活動家で13日に死去した劉暁波氏の遺体が15日朝、瀋陽市郊外の葬儀場で火葬された。瀋陽市当局が記者会見して発表し、火葬は「家族の希望によるもの」だと説明した。劉氏の事実上の獄中死に各国から非難の声があがる中、死去からわずか2日という短期間で火葬にした判断には、早期に状況を収束させたい中国当局の思惑が反映されたとみられる。今後、支援者団体が反発する可能性もある。(毎日新聞)

 また、僕は時折、反原発や反共謀罪の街頭デモに参加しています。そこには常に公安警察の目があります。ビデオカメラで参加者の様子をなめるように撮っています。

Free Access Counter Templates