ナチスは全権を掌握し、戦争に突き進んだ2017/06/05 19:44

 記事の、僕が考える要約です。是非全文をお読みください。

朝日新聞朝刊
「自由」を壊す技法とは 編集委員・松下秀雄 2017年6月5日

政府からは市民の活動が丸見え。市民からは政府が見えない。その非対称は何をもたらすのか。スノーデン氏はこう警鐘を鳴らす。

 「国民は、権力に反対する力を潰される。政府と国民の力のバランスが変わり、支配する者と、される者になる」


 さらに、一部メディアの報道ぶり。「権力の監視」はどこへやら、いまや政権の広報かと見まがうばかりだ。

 政治記者になって23年、ここまでの光景は初めて見る。スノーデン氏の言葉通り、政府と市民の関係が変わりつつあるのか? その表れが「安倍1強」なのか?

ナチス・ドイツの国家元帥、ゲーリングはこう言った。

 「人々は指導者の意のままになる。『我々は攻撃されかけている』といい、平和主義者を『愛国心に欠け、国を危険にさらしている』と非難する。それだけで良い」

 そうしてナチスは全権を掌握し、戦争に突き進んだ。忘れてはならない教訓である。

ヒトラーへの285枚の葉書2017/06/07 19:30

 様々な人がアベ政権の傲慢な政治姿勢をヒットラー政権に重ねて警告を発しています。  僕も同感です。そして、アベ政権がいつまで続くのかと考えます。僕の周辺にいる人たちの中にはあきらめ気味の人もいます。しかし、アベ政権の横暴を許しているのは我々有権者です。次世代、次々世代への責任を投げ出して良いわけがありません。  目先の経済優先やアベ自身の益のための政治の在り方は許されません。  この映画は戦時中のドイツ秘密警察のことです。同様に日本においても特高警察が存在していました。その拷問によって獄中死させられたひとりが「蟹工船」の作者、小林多喜二です。  このままアベ政権に無関心でいるなら、第2第3の小林多喜二のように治安維持法違反で、人間性のかけらもない特高のエジキになる人が出ます。

 こういうことを書くと「政治的発言」と思われ、嫌う向きもあるかもしれません。しかし、僕は単純に、次世代や次々世代の人々に人間性豊かな社会を引き渡したいと思っているだけです。

   ーーーーーーーーーー

 1940年、ナチスによる恐怖政治に凍てつくベルリン。ヒトラーの忠実な支持者だった平凡な労働者夫婦が、一人息子の戦死をきっかけにナチス政党へ絶望的な闘いを挑む―。ゲシュタポの文書記録を基に書き上げられ、1947年に初版、60年を経た今、世界的ベストセラーとなった小説「ベルリンに一人死す」の映画化。戦時下のベルリンの緊迫した市民生活をサスペンスフルに今に伝え、人間の尊厳を問いかける、語り継がれるべきヒューマンドラマ。

 (2016/独・仏・英/英語/103分) 監督/ヴァンサン・ペレーズ出演/エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソン、ダニエル・ブリュール ほか http://hitler-hagaki-movie.com/

マイナンバーと共謀罪2017/06/10 08:53

 マイナンバーのことが新聞紙上であまり話題にならなくなりました。アベ政権の「忖度」にまつわる加計学園問題や籠池問題で紙面が大幅に占拠されているためかもしれません。  しかし、どっこい、掲載の投書が朝日新聞に載っていました。僕は読みながら「そうなんだよな~。共謀罪の法律が施行されたら公安はマイナンバーを使って資料作りをするんだろうな」と唸ってしまいました。

 僕はマイナンバー制度が施行されて以来、。区役所や税務署、銀行、病院でそれを求められたことはありません。つまり、このマイナンバー制度は互いに何の必要性もないのです。税金の無駄遣い以外の何ものでもないと思っています。

 さて、共謀罪法が施行されると政府はマイナンバーの有効活用を考えるだろうと思います。アブナイ、アブナイ。

 僕は共謀罪法にもマイナンバー制度にも反対です。

 (投稿して下さる場合、「僕の名前は」のところに大坂忠と書いてください。スパム投稿を避けるためです。お手数をおかけします)

映画 弁護人2017/06/25 23:35

気になっていた映画を観ました。 「弁護人」という韓国の作品です。 多分多くの方がすでにご覧になっているかもしれませんが、まだの方がおられましたら、お勧めです。(レンタルできます)

日本の民主主義の風土は30年前の韓国のようになるのでしょうか。

★弁護人★ 実際に起きた冤罪事件 1980年代初頭、軍事政権下の韓国。 劇場公開日 2016年11月12日  映画は、弁護士時代のノ・ムヒョン元大統領が弁護を担当し、政治家転身のきっかけとなった冤罪事件「プリム事件」をモチーフに、国家に戦いを挑んだひとりの弁護士の奮闘を描く。1980年代初頭、軍事政権下の韓国で人気税務弁護士として多忙な毎日を送っていたソン・ウソク(ソン)は、国家保安法違反容疑で逮捕されたなじみの店の息子ジヌの無罪を信じ、弁護を引き受ける。

Amazonレビューから  今日本では共謀罪が可決されようとしていますが、これが実施されてしまうと30年前の韓国と同じようになる危険性があります。  是非多くの方がこの映画を観ていただいて、その危険性に気付いていただくように思いました。  もちろん映画のエンターテイメント性は充分です。ソンガンホの演技も円熟に達しています。  最後のシーン(釜山中の弁護士が支援する法廷シーン)には感動しました。 https://youtu.be/3rrKkI0OBUA

Free Access Counter Templates