平和憲法2017/05/03 19:04

 昨年同様、憲法を守る集会に参加しました。そのあとは大通りから駅前通り、日生ビル前までのデモにも参加しました。札幌弁護士会の主催でした。弁護士でもある札幌前市長上田 文雄氏や精神科医香山 リカ氏などのお話を聞きました。

 上田氏は「日本国憲法は300万人以上の人々の命の犠牲のうえに成り立っている」と。
 香山氏は「日本の憲法には『平和憲法』というすばらしい呼称がある」と。

 僕は英語では何というのかなと思いながら聞いていました。そのまま翻訳をするとPeace Constitutionが考えられます。しかし、平和憲法の能動的な側面が表現されていないナと思いPeace seeking Constitutionを考えました。やはり、平和を(積極的に)希求するという意味合いが含まれている表現の方が日本国民の意思を力強く表現するのではないかと思います。むろん、日本外務省は公認しない訳語だとは思いますが。

今日は日差しが強く、暑いくらいの好天でした。
主催者発表では千五百人の参加者があったそうです。

<お願い>
投稿の際にすみませんが「次の質問に答えてください」というのを設定しました。「僕の名前は。」の後の記入欄に「大坂忠」と書き込んでください。、海外からのゴミ投稿を防ぐ手立てです。ひと手間が余計にかかりますがどうぞよろしくお願いいたします。

コメント

_ 中村新太郎 ― 2017/05/03 19:45

こんばんは、私も大阪扇町公園集会・パレード参加してきました。大坂さんと、同じような行動と思考にいつもブログが楽しみです。市民連合・野党共闘で、改憲を阻止していきたいです。その為には、穏やかなアピール・サウンドデモ等あらゆる行動に出ます。 行動が総てであると思っています。政党にこだわらず、いのちとくらしを守る市民連合を広げていきたいです。 サウンドデモ用の音源を、セミプロに頼んで作りました。 さあー、いつでも衆議院解散して大丈夫です。 大阪十五区は、市民連合・野党共闘で盛り上がってます。

_ 大坂忠 ― 2017/05/03 22:44

投稿をありがとうございます。
メディアの自民党支持率に接するたびにいら立ちを覚えるこの頃です。民度は高い国だと思うのですが中々目覚めてくれませんね(笑) 今日も、デモ行進をしていて歩道の通行人の無関心さに驚きました。しかし、自分の体力と気力に限界を感じてしまいます。
サウンドデモ用の音源を自前で用意するには体力と気力が必要だなと思いながら投稿を読みました。行動力に頭が下がります。僕は残念ながらいろいろな団体の催事に参加するのが限度です。原発問題も沖縄も気になるのですが・・。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
僕の名前は。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tadashi.asablo.jp/blog/2017/05/03/8516804/tb

Free Access Counter Templates